レッスン告知☆
今週の土曜日、レッスンを開催することになりました♪

久しぶりの開催です。
皆さんの参加をお待ちしております(^-^)




好き嫌いを克服! 野菜たっぷりカラフルコロッケ                                         ~ピーマン&トマト編~
f0147236_0453572.jpg

日程:7月 19日(土) 
時間:11:30~14:00
定員:10名
会場:〒153-0043 東京都目黒区東山1-4-1 レコールバンタン ボヌール校舎 3F
参加費:無料
対象年齢:3~6歳
問合せ先:03-5720-2804 担当)荻原/オギハラ
FAX:03-5720-2827 
e-mail:ogihara@vantan.co.jp
HP:http://fjapon.com/kids

黄色や赤色のパプリカと緑色のピーマンを細かく切って潰したポテトに混ぜカラフルな
コロッケに仕上げます。
包丁を使ってピーマンを切ったり、ポテトを潰したり、野菜を炒めたり、楽しくお料理できる
ポイントがたくさんあります♪


子供たちの大好きなコロッケで美味しく楽しく夏バテに強い身体作りをしましょう☆☆☆
[PR]
# by pop_up_kids | 2008-07-16 00:56
☆☆キッズ☆バンタン生☆初作品☆☆
連日最高気温が30度越え・・・本当に暑いですね。
関東地方はまだ梅雨明けしていませんが嘘のような夏日ですよね。
少々、夏バテ気味です(x_x;)
前回に引き続き、「食」で体内から丈夫で病気しにくい身体作りPart2!!!
夏はネバネバ料理で夏バテしにくい身体を作ろう!!という言葉をどこかで聞いたことことはないですか???
納豆、おくら、山芋、モロヘイヤ、めかぶ、などなどネバネバ食材には夏にとっても効果的なのです。
消化吸収、滋養強壮、疲労回復、整腸作用、などが期待できます!
モロヘイヤはビタミン豊富でカルシウムはなんと小魚に匹敵するほど含んでいる万能野菜!!
少し食べづらい印象もありますが最近ではジュースにしたり、レシピも色々出ていますのでチャレンジしてみてください。
北海道新聞が出しているレシピサイトで「健康ねばねば料理」のページを見つけました!
レシピの種類も豊富で楽しめましたので見てみて下さい→→→コチラ
食欲のなくなる季節なのでソーメンばかりになってしまう・・・という方は特にネバネバ食材をひとつ加えて食べてみるなどして暑い夏を乗り越えてくださいね(0^-’)b

f0147236_15493466.jpg



   前回のバンタン生の子供達に
   人参を食べさせるためのレシピ
   の考案ですが、今回は実際に
   調理したものを紹介します。









まずはアンパンマンのカレーライスをカラフルに、シンプルに仕上げたもの。f0147236_15584187.jpg
f0147236_15581316.jpg

とっても子供達が喜びそうなアンパンマンに仕上がっています。
中のホッペと鼻の部分は人参とパプリカ(赤)を細かく切ってニンニクを使ってソテーしたものをのせカレーと一緒に野菜も摂れるように工夫してくれました。
キレイな色使いに食べる前から食欲がそそられる一皿に仕上がっています。

次は考案の絵の段階から女の子の好きそうな可愛らしいプレートが想像された
「うさぎチーム」!f0147236_1612141.jpg
f0147236_1605214.jpg

人参をウサギの型で抜いてソテーし甘味を出したものやハート型の人参、それにご飯の上の人参の旗など人参を美味しく楽しく食べられる要素がたくさん詰まったプレートになりました。
野菜の型を抜く作業や、折り紙などで旗を作る作業は子供たちと一緒に楽しく出来る作業です。
作る段階から子供も参加できると苦手な野菜も特別に見え、食べられるようになることも。
このプレートの場合、うさぎチャンの大好物の人参を表現しているところも
「うさぎチャンが大好きな人参だもん、きっと美味しいよ、○○チャンも食べてみよっか???」
など、食べたくなる気持ちにできる声がかけやすい一皿に仕上がりました。

3つめは人参が食べられるようになる工夫が盛りだくさんのアンパンマンプレート!!f0147236_1625040.jpg
f0147236_1623350.jpg

今回の授業で苦手野菜を食べさせるポイントとして細かく刻んでわからなくして食べさせるのか???また型を抜いたりしてダイレクトに食べさせるかは各グループごとに自由に考えてもらいました。
ここのグループではその両方を実践し、アンパンマンの顔にすることで食べやすくしています。
星型でチーズと人参を抜き、色も2色で可愛らしい印象に、また星の間の肉団子には細かくした人参を入れわからないうちに食べられるようになっています。
顔はオムライス状に卵で丸く包み込み、またホッペと鼻の部分も人参を細かくして入れたご飯を丸いおにぎり状にしてのせどこを食べても人参を食べることができる一皿になりました。





3グループもとても考案の絵の通りに、とても上手にでき驚きました。
キッズエデュケーションのクラスのみんながお父さんやお母さんになっても心配ないなぁ~と嬉しく思いました!
きっとキャラクター弁当とかも上手に作れそうです(≧∀≦)/
今回、子供の好きな色使いや食欲をそそられる色使い、また子供の好きな形や食材などもレクチャーしたことを直ぐに実践に移すこともできました。

この夏、カレーを作る際には是非参考にしてみてください(’▽’)
今後も食材や色について勉強し、バンタン生が考えたレシピなどもUPしていきますので楽しみにしていてくださいね♪
[PR]
# by pop_up_kids | 2008-07-14 17:36
夏野菜を食べよう!!
7月になりましたね!!
今年の梅雨は何だか梅雨の中休みが多くて洗濯物など助かります☆
もう夏だなぁ~なんて思うほど暑くなる日も少なくありませんね。
電車やデパートなどでは早くもエアコンがガンガンきいているところも・・・・
(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)
暑くなると薄着したはいいけれど建物の入ると寒かったり、また梅雨時期の今頃は朝夕は寒かったりと体調を崩してしまいがちです。
そんな時期だからこそ「」で体内から丈夫で病気しにくい体を作りたいものです。

旬の野菜は旬に食べる!!!
これが体にとても良いと言われます。
夏に摂れる野菜は体を冷ます効果があるものが多く、冬に摂れる野菜は体を温めてくれるものが多いです。
これからが旬のナス、きゅうり、ピーマン、トマトなどは体を冷まし、ビタミンも豊富なので夏バテにも効果が期待できます!!!
また暑い国の香草料理には汗を抑え汗の臭いも抑えてくれる効果があります(例パクチー)。
日本の暑い所といえば、沖縄(@_@。!!!
沖縄で日常的に食べられる「ゴーヤ(にがうり)」はビタミンCがきゅうりの10倍!!
カロテン、ビタミンB1、ミネラルも豊富に含まれ夏バテ予防、食欲増進に効果があります。
そしてゴーヤもそうですが、「アグー」「ミミガー」「テビチ」などの豚の郷土料理も主流です。
豚肉はビタミンB1が豊富で疲労回復効果バツグン!!!
沖縄の人たちが健康で長生きなのもうなずけます。

暑い季節には暑い郷土の料理をお手本に暑さに負けない身体を作りたいです。

「夏には夏野菜を!!」と昨年も様々な夏野菜を使ったレッスンをしました。
キッズエデュケーションクラスのみんなとも昨年のアイテムを一緒に作り、子供たちとのレッスンのポイントや味覚の調整、また嫌いな野菜をどうやって食べさせるのか?について考えました。
今回は昨年の8月にレッスンした、ピーマンを使ったカレーについて授業しました!!
昨年のアイテムはこちら→→→
ピーマンを細かくしてルーに混ぜたり、ピーマンの肉詰めにし「ピーマンちゃん」というキャラクターにして食べやすくしたり・・・・色んな工夫をしてピーマンを食べることができるというものでした。

今回、みんなにもカレーの中の人参を人参嫌いの子にどうやって食べさせるか?を考えてもらいました!
まずはグループごとに食べさせるポイントを話し合います。
どこに人参をかくそうか?また、人参が食べれた!と思えるポイント作りや、盛り付け方などなど・・・・・
f0147236_2155091.jpg

次に盛り付けイメージを絵にします。
f0147236_2161085.jpg

   みんなが考えた人参がテーマのカレーの考案図はこちら↓↓↓↓↓
f0147236_2171715.jpg

         元気100倍アンパンマンだ!!子供たちは大好きです☆☆☆
f0147236_2173965.jpg

         ウサギちゃんがとても可愛い、旗も子供たちは喜びそう!
f0147236_2175288.jpg

         大人気アンパンマン♪♪♪まわりの☆星☆もワクワクするね♪♪♪

次回はこのイメージを実際に作ったものを紹介します。
とっても素敵に出来上がりましたのでお楽しみにしていてくださいね(^-^)ノ
[PR]
# by pop_up_kids | 2008-07-02 14:02
薄味ってどんな味???
前回に引き続き、「味覚」のお話をします。

「食」とは?
「人」を「良」くする
と書きます。
その名の通り、食べることは身体をを作ることであり、その人自身の思考や感情、性格にも
影響し人間そのものを作るために必要不可欠なことです。
バランスを考えた食生活は健康で豊かな人間を作る!!と言っても過言ではありません。
「人」を「良」くする「食」、皆さんはできていますか?
知らず知らずのうちに病気を招く「食」になっていませんか?
(゜□゜;)ノノノ
たとえば外食やインスタント食品、レトルトや加工食品・・・・・
塩分、糖分、脂質、摂り過ぎていないでしょうか???
また味付けはどうですか?
外食や加工食品の味に慣れてしまっていませんか?
頭の中ではファーストフードは身体に良くない、薄味を心がけないと・・・・・
外食や加工食品は食べなければ済む話ですが、味付けについてはどうでしょう?
現在の皆さんの食事(味覚)は人を良くする味付けが出来ているでしょうか?
子供がいる家庭で、きちんと子供たちに必要な味付けができているでしょうか?

実際に「薄味」ってどのくらいなの???
子供に必要な「薄味」は???

そこでお味噌汁で大人味、子供味、離乳食期の3種類を体験してみました。
f0147236_2383583.jpg

①大人味
 大人味の味噌汁は人間の血中濃度(0.8~0.9%)と同等の塩分(0.8%)で満足感の
 ある味付けに仕上げました。
 だし汁      400㏄
 味噌       大1半

②幼児の味覚
 大人の半分の食塩濃度(0.4%)
 大人の味噌汁    50㏄
 お湯          50㏄

③離乳食期の味覚
 幼児以下の食塩濃度(0.3%)
 大人の味噌汁    30㏄
 お湯          50㏄

みんなの食べた感想は、幼児のものが薄味で美味しいとのこと。
大人味は少し濃い、と言っていましたが具の入っていない状況でのこと、豆腐やねぎなどの具が入ってしまえば②の味噌汁では満足できないかと思います。
そしてお子さんのいる家庭でどれだけの人が実践できているでしょう?
大人の味噌汁に子供たちを合わせていませんか???
子供たちは濃い味付けが大好きです。
濃い味付けじゃないと食べてくれない・・・と言う方もいらっしゃるかと思います。
でも塩分、糖分、脂質、の摂りすぎは単純に味覚障害をだけでなく腎臓病、肥満、虫歯などの病気、また大人になってからの生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病などなど)をも引き起こしてしまいます。

正しい味覚を養うことは素材そのものの美味しさを知ることができ、人を良くする食生活をおくることができる、とても大事なことです!!
わかっているけど・・・薄味だとなかなか口にしてくれない。
味付け以外でも普段の食生活で「美味しい」と感じれるチャンスはたくさんあります。
楽しい食卓作り、雰囲気や会話はもちろん、食べ物の美味しい香り、美味しい色使い、温度や食感、盛り付けなどなど、たくさんの美味しいが眠っていませんか???

そこで\(^-^)/
キッズエデュケーションクラスでは食育や味覚について知り、只今美味しく食べるための実習に入りました!
f0147236_2414436.jpg
バンタン生の考える美味しいアイテムを次回からは紹介していきますので楽しみにしていてくださいね☆
[PR]
# by pop_up_kids | 2008-06-24 16:31
食育とは???
皆さん、毎年6月は「食育月間」というのをご存知ですか?
(ちなみに毎月19日は「食育の日」です。)
平成17年6月に食育基本法が制定されて、6月は国を挙げて食育強化月間とし、地方自治体や企業など様々なところで取り組みやイベントが行われています!
最近では新聞やニュースでも当たり前のように「食育」という言葉が使われていますが、きちんと理解して実践している人はどのくらいいるのでしょう???
食育」、その文字通り「食を育む」ことですが、食を育むと言っても???と思ってしまいます。
実際「食育」はとても広い意味を持っていると思いますが色んな立場(家庭、学校、地方自治体などなど)によって「食を育む」取り組みは違ってくるのだと思います。

そこで食の世界にデビューするバンタン生には食の世界から発信する「食育」を実践できるようになってもらいらい!!!
キッズエデュケーションクラスではまず「食育とは???何ぞや???」というところから勉強しました。
このクラスのみんなはとっても勉強熱心で本当に関心してしまいます。
f0147236_2294320.jpg←授業風景、
みんなきちんと
話を聞いてくれます
(´∀`)










せっかくの食育月間なので食育について少しお話したいと思います☆
食育とは???
食育とは国民一人一人が生涯を通じた健全な食生活の実現・食文化の継承・健康の確保が図れるよう、食について考え、食に関する知識を習得し自らの食を自分で選択する判断力を身に付けるための学習や取り組みのことです。

これまた広いな~って感じですがそもそも「食育」は今まで当たり前にできていたことが食の欧米化が進んだり、便利な食材も増え(インスタント食品などの加工食品)、日本が裕福になり過ぎた事による食べ残しや食品廃棄、食品偽装や食品の安全性への不安、朝食の欠食率の増加などなど日本人の食生活は乱れ、皆さんの健康が食事によって失われてしまっている現状なのです・・・・・・・残念(x_x;)
メタボリックや骨粗しょう症、糖尿病の他に食物アレルギーなどの原因も食生活の乱れが関係していると言われています。
そこであらゆる世代に「食」を見直し、自分にとって必要な「食育」を考えていこう!!というわけです。
そして未来を担う子供たちには生きるための基本的な知識とし知育・徳育・体育と同じ位置づけで食育を取り入れた学習が行われています。
子供たちにとって心身の成長、人格の形成に大きな影響を及ぼし、また生涯、健全な心と身体、豊かな人間性を育む基礎としてとても重要です。
切れる子供、ヤル気のない子供増えたのも食生活が原因ではないか?と言われています(≧_≦)
その子たちが何れ社会を支えていくのですから、私たち大人がきちんとした食生活で、また
社会全体で子供たちに「食育」をしていかなければと気付かされます(Σ ̄□ ̄)!!!

・・・・と真面目な話題が続きましたが、皆さんにも是非この機会に家庭で実践してもらいたいなぁ~と思います(^-^)
例えば、朝ごはんを食べてない人は毎日少しでも食べてみるとか?朝のパン食をご飯に替えてみるとか?また肉を魚に替えてみたり、旬の野菜を取り入れたり、少しずつでも家庭で出来ることはあります!!
私たち、食の業界にいる者はまた家庭とは違った「食育」をしていければと思います。
食を提供する側になるわけですから食品の安全は当たり前のこと!!!!!
バンタン生は食の技術・技法から食を発想・デザインを総合的に学び、食の業界人になりますが、キッズエデュケーションクラスのみんなには(それプラス)1年を通してきちんとした味覚を養い、素材そのものの味を伝えられるような食の人になってもらいたいと思っています。

     前回お伝えしたように離乳食を経験したり、またこんなこともしています↓
f0147236_2373965.jpg

これは添加物の入っているプリンと入っていないプリン(無添加)を食べ比べしています!!
スーパーなどで売られているプリンはたいてい凝固材によってプルンっとした食感を楽しめるようになっています。
また添加物によって賞味期限も長く保つことが出来ます。
無添加のプリンは牛乳・卵・砂糖から作られます。
(お店によっては生クリームやバニラビーンズなども入ってます)
プリンは基本的にはこの3つの材料ででき、卵に熱を加える凝固力で固まります。
f0147236_2384212.jpg

みんなの食べた感想としては・・・・
さすがバンタン生!!無添加プリンを美味しいと言ってました。
「添加物の入っているプリンは喉ごしは良いが甘すぎる」
という意見が多数。
「無添加プリンはボソボソしているけど卵の味がする」
「素朴で美味しい」
などの意見を言ってくれました。
前回、味覚について少し触れましたが味覚は脳の伝達で美味しいかそうでないかを判断します。
子供のころからスーパーのプリンを食べてばかりいるとその味に慣れ、何で出来ているのか?素材に疑問を持たず大人になり、スーパーで売られているプリンが美味しいと思うようになってしまいます。
子供たちにはたくさんの味を経験させてあげたい、スーパーのプリンも無添加のプリンも知るチャンスが必要です。
そして素材の味を確かめ、食を選択する力を身に付けてほしいと思います。
f0147236_2401352.jpg

この他に子供たちの味覚を体験するための「薄味」についてなどの体験もしました。
またその様子は次回お伝えしますね~(=゜ω゜)ノ
今回は少し固い内容でしたが、是非皆さんも6月食育月間に食育に取り組んでみてください♪♪♪♪♪
[PR]
# by pop_up_kids | 2008-06-16 20:33